ブログのブログ

おとなしくしてます

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

お知らせ


地球救済ブログにありますオリジナルの写真などはご自由に転載して頂いて結構です。
私は整理が苦手なものですから記事がごっちゃ混ぜになってます。
ですので左下のブログ内検索で欲しい情報を探してみてください。

page top

ケムトレイル

私が撮影した動画の再生リストです


page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

明日6月23日もんじゅ落下装置いよいよ引き抜き


■もんじゅライブカメラ
こちら
■もんじゅ関連情報
こちら





sc0001_20110622204815.png
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110618/fki11061802510001-n1.htm

ニューヨークタイムズ記事
sc0002_20110622204814.png
http://www.nytimes.com/2011/06/18/world/asia/18japan.html?_r=2&ref=asia

もんじゅは、京都、150万人の街から60マイルです。
もんじゅの高速増殖原型炉 - 長期的問題を抱えた国家プロジェクトは、 - 3.3トンのデバイスは、その中核にあるプルトニウムとウラン燃料棒へのアクセスを遮断し、原子炉の内側の容器中に墜落したので、シャットダウンの不安定な状態になっている。

エンジニアは、スタック慣れているために表示されるデバイスを、回復するために昨年八月の事故以来、何度も試してみました。彼らは、来週には早くも別の試みを行います。

しかし批評家は、工場が核燃料を冷却する液体ナトリウム、引火性の高い物質、大量に使用するため、リカバリプロセスが危険性をはらんでいることを警告する。

核燃料を再利用し、最終的に生成するために資源の乏しい日本の国家プロジェクトの礎を形成するもんじゅの原子炉は、日本の核開発とリスクの規模との間の緊張を示しています。

植物、$ 12億ドルのプロジェクトは、安全性が消滅の歴史を持っています。それは、福島第一原子力発電所で、今年の危機の前に、日本の最も深刻な原子力事故の一つ、1995年に壊滅的な火災の後14年間閉鎖されました。県と市の職員は、オペレータが災害の規模を隠すために火の映像が改ざんされたことがわかった。工場のトップマネージャーは最近、日本の原子力研究開発機構は、デバイスを回復する努力はほとんど2190万ドルを要することを発表した日に、自殺した。と、いくつかの他の原子炉と同様に、もんじゅは活断層上に位置。

デバイスを削除することができる場合であっても、原子炉を再起動しても、その安全記録や燃料として毒性の高いプルトニウムの使用を考えると、危険になる、英之禁止、原子力資料情報室の​​共同ディレクター、監視団体、と述べて日本の長期的な原子力政策に関する諮問政府の委員会のメンバー。工場は、京都、150万人の街から60マイル、そして原子炉の高速増殖設計が重大な事故の場合にはチェルノブイリ型暴走反応にそれがよりやすくなる、批評家は言う。

"レッツは、彼らが非常に複雑であるこの修正を、作ると言う、"潘氏は述べています。 "原子炉の残りの部分は非常に危険なままです。ともんじゅの事故は、我々は福島で見ているものを超えて壊滅的な結果をもたらすだろう。"

日本はひどくエネルギーの源を必要とします。核燃料サイクルのループを閉じることで、日本は54原子炉用に新鮮な燃料を、再利用リサイクルと生産を目指しています。

"もんじゅは重要国家の資産であり、"Noritomo成田、原子炉のオペレータに対して、ここ敦賀市のスポークスマンは、政府が支援する日本原子力研究開発機構は言った。 "日本などのリソース、のように貧しい国では、核燃料の効率的な使用は、私たちの国の政策、そして私たちの使命です。"

批評家は、1970年の設立以来、プロジェクトを戦っている。 "それは日本で最も危険な原子炉だ、"美和子小木曽、原子力に対する福井県の人々の協議会の事務局長は語った。 "それは日本で最も無意味な原子炉です。"

安全のアップグレードだけでなく、豪華な補助金や公共事業の約束した後、政府は原子炉の再起動を可能にするに地方公務員をwooedしました。福井では、政府が準備同盟国を持っていた:14原子炉で、それは日本で最も核にやさしい県です。 (福島、2位で、10原子炉を持っています。)

もんじゅは2010年5月に再開した、とゆるいクラッチが道を与えたときに、わずか3ヶ月後、3.3トンの燃料中継装置は、圧力容器に落ちていた。原子炉は1991年にテストを開始して以来二十年では、原子力機関(IAEA)は、1つの完全な時間のための原子炉で電気を生成するために管理しています。

もんじゅでは、日本ではほとんどの国は長い間放棄されていることの技術を追求しています。数十年前、米国を含む国の一握りは、、似たようなプログラムを探索開始。しかし、深刻な技術的な問題だけでなく、サイクルが最終的に生成される兵器級プルトニウムについての恐怖は、彼らのプログラムを廃棄するためにほとんどの国をリードしてきた。

しかし、日本は断固としてもんじゅのプロジェクトに取り組んで推移している。管直人首相の政府は、2009年9月に政権を握ったので、それは他の国家プロジェクトの必要にしていること支出の大幅削減から、それをシールドしています。

政府の計画の下で、日本は2050年までに高速増殖炉を商業化するためにもんじゅで開発された技術を使用します。

氏は菅最近、彼はもんじゅの原子炉の運命に特にコメントしていないものの、日本の原子力政策の見直しを示唆している。
関連記事
スポンサーサイト

category: 陰謀・政治・地震

[edit]

page top

« 福島原発北西100キロをただちに立入禁止にせよ!とのこと  |  お昼トマトのうどん »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://romiko39v.blog22.fc2.com/tb.php/264-d0f772c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。