ブログのブログ

おとなしくしてます

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

お知らせ


地球救済ブログにありますオリジナルの写真などはご自由に転載して頂いて結構です。
私は整理が苦手なものですから記事がごっちゃ混ぜになってます。
ですので左下のブログ内検索で欲しい情報を探してみてください。

page top

ケムトレイル

私が撮影した動画の再生リストです


page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

欧州の放射線委員会の発表予想死亡者数を40万人以上と発表

ECRRが福島原発事故の予想死亡者数を40万人以上と発表したそうです。

早くて3年後から40万人癌白血病が発症するかもしれないそうです

日本語訳のページを転載させて頂きます

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*転載*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

--------------------------------------------------------------------------------

2011年4月1日 低レベル放射線キャンペーン(LLRC)
2061年までに福島 200km 圏内汚染地域で
417,000件のがん発症が予測される

情報源:THE LOW LEVEL RADIATION CAMPAIGN Friday 1st April, 2011
417,000 cancers forecast for Fukushima 200 km contamination zone by 2061
http://www.llrc.org/

訳:安間 武 (化学物質問題市民研究会)
掲載日:2011年4月10日
このページへのリンク:
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/articles/LLRC_110401_417000_cancers.html


--------------------------------------------------------------------------------

 欧州放射線リスク委員会(ECRR)の科学委員長クリス・バスビー 教授は日本の放射性降下物汚染地域で予測されるがん発症の計算を発表した。国際原子力エネルギー機関(IAEA)と日本の公式ウェブサイトによるデータを使用して、がん発症数を推定するために、彼はふたつの方法を用いた。彼はこれらの結果を国際放射線防護委員会(ICRP)のモデルによる結果と比較した。

 ”トンデル”法は、スウェーデン北部でマーチン・トンデル博士により実施された控え目な研究に基づくものである。この研究はチェルノブイリ後10年間のがん発症率を検証したもので、土壌汚染のレベルの変動で差異を生じ、地表の1平方メートル当りの放射性降下物の放射能量100キロベクレル(kBq)毎にがんが11%増加することを発見した(訳注1)。バスビー 教授は、この係数を福島第一原発から100kmの範囲の地域に適用したが、この地域についてIAEAは1平方メートル当り平均 600kBqの放射能を報告していた。この100km地域の人口330万人の中で、今後10年間で事故前よりも66%のがん発症率の増加が予測される。これは2012年から2021年の間に福島原発による曝露で103,329件の余分ながんが発症することを意味する。
 福島原発から200kmと100kmの間のドーナツ地帯の人口780万人に、100km以内より低い放射能量で”トンデル”法を適用すると、2021年までに120,894件の余分ながんが発症することになる。
 住民がそこに住み続け避難しないと仮定するなら、”トンデル”法によるがん発症件数の合計は10年間で224,223件となる。

 第2の方法は、生体系で様々な放射性核種が様々な挙動をするということに基づき、ECRRが勧告する重み付け要素から引き出すものである。この方法では、0~100kmの円内で191,986件、外側のドーナツ部で224,623件の余分ながん発症が予測される。恐らくこれらの半分が最初の10年間で発症し、残りは10~50年の間に発症する。
 住民がそこに住み続け避難しないと仮定するなら、この第2の方法によるがん発症件数の合計は416,619件であり(訳注:合計すると416,619ではなく実際には416,609となる。)、そのうち208,310件が最初の10年間で発症する。したがって、このふたつの方法は大まかにはよく一致している。

 ICRPの方法では50年間で余分ながん発症は6,158であり、半世紀の間に通常250万件の発症が予測される中で、これは不当に扱われており否定されるものである。


全ての方法、仮定、及びデータを示す報告書(pdf)

CounterPunch / Deconstructing Nuclear Experts By CHRIS BUSBY

Will the real Richard D please stand up?

--------------------------------------------------------------------------------
訳注1:マーチン・トンデル博士
北スウェーデン地域でのガン発生率増加はチェルノブイリ事故が原因か?マーチン・トンデル (リンショーピン大学病院、スウェーデン)
(参考)
2010年9月10日 トンデル博士 (スウェーデン) 講演会 スウェーデンにおける電磁波過敏症の現状と政策
訳注:関連情報
2009年5月6日 欧州放射線リスク委員会(ECRR) レスボス宣言(11/04/04)


欧州放射線リスク委員会(ECRR) ECRR勧告2010 序文(11/04/01)


ECRR 2010 Recommendations of the European Committee on Radiation Risk (全文)


2011年3月19日 ECRRアドバイス・ノート:ECRR リスクモデルと福島からの放射線 クリス・バスビー (欧州放射線リスク委員会)(11/03/26)


資料:第99 回原子力安全問題ゼミ(2004年12月15日)ECRR 欧州放射線リスク委員会2003 年勧告:放射線防護のための低線量及び低線量率での電離放射線被曝による健康影響 規制当局者のために実行すべき結論(Executive Summary)
放射線リスク欧州委員会(ECRR)のバズビー教授のインタビュー/PressTV2011年3月24日付
オリジナル http://www.presstv.ir/detail/171460.html


2005年1月26日 市民科学研究室 第167回土曜講座「低線量放射線被曝のリスクを見直す」~『ECRR報告書(欧州放射線リスク委員会2003年勧告)』をふまえて~


ECRR2003年勧告:1945-1989年の放射線被曝死は6160万人 被害の実態に基づいた画期的な放射線リスク評価の報告書 ICRPの線量体系とリスク評価を根底から批判 労働者の被曝限度を5mSv以下に、公衆の限度を0.1mSv以下に/美浜の会

化学物質問題市民研究会
*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*転載終了*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

詳しくは≫こちらの元記事をお読みください



二階堂ドットコムさんにこんなデータがありました

コロンビア川で摂ったデータらしいです

sc0002_20110509204312.png

詳しくは≫二階堂ドットコムさんでご覧下さい



-------------------------------------------

中部電力が浜岡原発を全面停止にするそうです!

中電は糞東電とは違うな

--------転載---------------
電力
 中部電力は9日、臨時取締役会を開き、菅首相から要請を受けていた浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の全面停止を受け入れることを決めた。


 停止期間は、防波壁の設置工事などの津波対策が完了する2~3年程度になる。

 中部電は「首相の停止要請は重く、受け入れは避けがたい」(幹部)として、基本的に受諾する方向で協議していたが、浜岡原発を全面停止した後も管内に電力を安定的に供給できるかどうかを見極めるため、7日の臨時取締役会では結論を持ち越した。

 その後、休止中の火力発電所の再稼働に必要な発電燃料のLNG(液化天然ガス)の追加調達にめどが立ち、電力需要がピークを迎える夏場を乗り切れる見通しとなったため、中部電は全面停止を受け入れることになった。

(2011年5月9日17時22分 読売新聞)


中電さんも新たな自然電力でもっと大きくなって下さい!

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*


海からストロンチウム初検出だそうです
2011年5月9日5時2分
http://www.asahi.com/national/update/0508/TKY201105080156.html
-----転載----------------
. 東京電力は8日、福島第一原発の敷地内や周辺の海で4月18日に採取した土や海水から、放射性物質ストロンチウム90を初めて検出したと発表した。半減期が約29年と長いうえ、化学的にカルシウムと似ていて、体内に入ると骨にたまる傾向がある。原発敷地外で放射能モニタリング(監視)を行っている文部科学省も今後、海洋のストロンチウム調査を実施するという。

 1、2号機の排気筒から南南西約500メートル地点では、ストロンチウム90が乾かした土1キロあたり約570ベクレル検出された。1960年代の核実験などの影響で検出される通常の量より2けた大きい値で、原発から漏れたと考えられる。東電は「作業員はマスクで吸入しないようにしており、影響はない」としている。

 海水では、同原発5、6号機の放水口北側30メートルの地点で、濃度限度の約0.26倍に相当する1リットルあたり7.7ベクレル、沖合15キロでは約0.15倍に相当する4.6ベクレルだった。原発から大気中に放出されたものが海に落下したか、原発から海に流出した高濃度汚染水に含まれていたとみられる

 文科省は3月中旬、福島県浪江町と飯舘村の土壌サンプルを採取し、最大で1キロあたり32ベクレルのストロンチウム90を検出した。だが、海水での調査は実施していない。(小堀龍之)
----------転載おわり--------------

確か低濃度と言ってましたねw

御用学者も津波により電源を喪失津波によって電源を喪失しただけです!

ごく低濃度 ごく低濃度の水を流しただけですって言ってなかったかな?w

この調子だと放射性線量率覚えて下さい 放射線は健康にいいのです!

これも多分後から危険な事がわかってくるんでしょうねw 


*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
敦賀原発2号機、排気筒から放射能漏れ

sc0003_20110509234339.png


あっちでもこっちでも漏れ漏れって

尿漏れパッドでもしいとけよ!

何が最新技術の原子力発電所だ

原子力発電尿だろうが!

ここもパンパースやおがくずの出番があるのかなw
関連記事
スポンサーサイト

category: 陰謀・政治・地震

[edit]

page top

« 御用学者推進者一覧  |  ポスター作ってみた »

コメント

こんにちわ

こんにちわ
興味深い情報、ありがとうございます。
東北に親戚がいるので怖くなりました。
状況がよくなることを毎日祈っています

ガンガンガン速 #mQop/nM. | URL | 2011/05/19 06:27 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://romiko39v.blog22.fc2.com/tb.php/111-1c682923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。