ブログのブログ

おとなしくしてます

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

お知らせ


地球救済ブログにありますオリジナルの写真などはご自由に転載して頂いて結構です。
私は整理が苦手なものですから記事がごっちゃ混ぜになってます。
ですので左下のブログ内検索で欲しい情報を探してみてください。

page top

ケムトレイル

私が撮影した動画の再生リストです


page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

歯磨きに含まれるフッ素の不思議

最近の歯磨き剤にはフッ素が殆ど入っている。

わたしは生協でフッ素や防腐剤、発泡剤の入っていないものを使っている。

それが最近生協も花王製品が沢山入ってきていて

フッ素入りの歯磨きばかりが目に付くようになった

いつも使っているのが切れたので

仕方なくスーパーで買うことにした

そしたらどれもこれもフッ素が入っている

片っ端からフッ素の入っていないものを探した

何とかサンスターのものを見つけた

よかった~

もうずっと昔になるけど

フッ素が流行った事があって

歯科医でもフッ素が塗布された

それがある日

フッ素に発癌性があるとかで

歯科医でもフッ素を塗布しなくなった。

それが何故今になってまたフッ素にスポットライトが当たってるんだろう

不思議だった

ここにフッ素に関する文献のページの目次です

下にリンク先を貼っておきますので見て下さい。

第Ⅰ章 はじめに
 (1)フッ化物洗口、フッ化物応用とは
 (2)日本の実施状況と賛否の対立
 (3)本稿の目的
  用語解説:フッ素、フッ化物、ppm、ppmF、mgF、
       洗口液と洗口方法、水道水フッ素化
第Ⅱ章 フッ化物、フッ化ナトリウムについて
 (1)毒性によるフッ化物の分類
 (2)フッ化ナトリウムとは
 (3)フッ化ナトリウムの致死量とその取り扱い
  用語解説:急性中毒、フッ化物の産生と処理
第Ⅲ章 フッ化物洗口の危険性
 (1)洗口におけるフッ素飲み込み量
 (2)急性中毒の基本的な考え方
 (3)見込み中毒量(PTD)=5mgF/kg説について
 (4)急性中毒量=2mgF/kg説について
 (5)急性中毒量(最小中毒量)の検討
 (6)フッ化物洗口の安全性の検討
 (7)毎日洗口によって起こる可能性がある害作用
  用語解説:斑状歯、ダウン症候群、フッ素の排出と腎機能
第Ⅳ章 フッ化物洗口の有効性と虫歯の減少について
 (1)フッ化物洗口が虫歯を予防するしくみ
 (2)年々減少する虫歯数
 (3)有効性判定方法と考慮事項
 (4)実際の効果
  用語解説:DMFT指数、DMFS指数、薬効判定
第Ⅴ章 フッ素洗口に関する誤解
 (1)WHOは6歳未満の子供のフッ化物洗口を禁忌としている
 (2)フッ素は必須栄養素か
 (3)日本ではフッ素摂取が少ないか
第Ⅵ章 フッ化物洗口に関する情報提供について
 (1)安全性(害作用)に関する情報提供
 (2)フッ化物洗口に関する事前の説明はどうあるべきか
 (3)価値観の多様化と配慮
第Ⅶ章 その他の問題
 (1)保育・教育現場に集団医療を持ち込むべきでない
 (2)一部の施設では医薬品でない「試薬」を用いている問題
第Ⅷ章 結論
第Ⅸ章 参考資料・文献

http://www.geocities.jp/m_kato_clinic/flu-mr-problems-01.html

薬害オンブズパースン・タイアップ仙台支部

アレックスジョーンズの話を聴けば

どうしてフッ素が入れられているかわかります

是非この動画を順番に見て下さい





10迄続きます

人事ではないですよ!

わたしは最近花王がパワー増してる事が気になってます

どこか臭います~

陰謀の臭いがね・・・
関連記事
スポンサーサイト

category: 陰謀・政治・地震

[edit]

page top

« 天体観測  |  ケムトレイルは妄想ではないよ »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://romiko39v.blog22.fc2.com/tb.php/10-2a96958d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。