ブログのブログ

おとなしくしてます

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

お知らせ


地球救済ブログにありますオリジナルの写真などはご自由に転載して頂いて結構です。
私は整理が苦手なものですから記事がごっちゃ混ぜになってます。
ですので左下のブログ内検索で欲しい情報を探してみてください。

page top

ケムトレイル

私が撮影した動画の再生リストです


page top

なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・"異端"の研究者たち

小出先生の動画

関連記事
スポンサーサイト



category: 陰謀・政治・地震

[edit]

page top

情報収集疲れるな。。でもできるだけ。

今日も雨で肌寒いな~
頭の中が混乱して、奴らの作戦にまんまとひっかかってる日本国民
そうわかっていながらも後だし情報混乱隠蔽安全平和洗脳
そこへきて内閣不信任案で国民意識をそちらへ誘導

あっそう、もう勝手にやってくれって思える今日この頃

私達一国民が頑張ったところで悪のパワーというのは恐ろしい
悪のネットワークでパワーUPしてる
組織と言う組織はもう世界中ピラミッド型に配置されてますからね
枝の枝の小ピラミッドの頂点の奴もまた
少し大きなきなピラミッドの底辺部分に配置されていて
そこのピラミッドの頂点のやつはまた
それより少し大きなピラミッドに所属している
ピラミッドの頂点の悪魔の王様って誰だと思います?
聖書でいうとサタンですけど

エリザベス女王だったりしてw
地球で一番強い人って事
それともトカゲ人間か!?

それはさておき

中鬼と大鬼のふたりごとさんの記事貼っておきますから詳しくはそちらでご覧になってくださいね

sc0005_20110602101655.png




武田先生が昨日面白い記事を書いておられます。

本当に同じ人?! あるアドバイザー(医師)の発言と論文

あの山下とかいう医師の事ですね
面白いから読んでみて下さい。

【一部転載】

ある県のアドバイザーの先生は「1年100ミリまで大丈夫」、「放射線は健康に良い」と言われています.
機会があって、その先生の論文(お医者さんの学会での講演をまとめたもの)を読みました。(タイトルは次の通り)
講演は患者が放射線の被曝を受けるCTスキャンなどを使うときにどのように考えれば良いかということが中心でした。
そこでは、次のように書かれています.
つまり、レントゲンとかCTスキャンなどで患者が被曝することが多く、特に日本ではあまりに気軽に診察で被曝させていると警告しています.
ヨーロッパではガンになる人の1%が医療によるもので、被曝量の多い日本ではそれが3%になるとしています.そして、この「3%」について、
「1%と3%で差がないと思いがちだが、3%というと日本人で9000人だから、交通事故よりも多い」
と警告しています.

【転載終了】

続きは≫こちらで




井口さんのブログに面白い記事がありました

まずはそのにあった動画をどうぞ



これを見る限りHAARPと考えた方が良いですな(CHI工作員さんw)

「悪魔の2・5ヘルツの強烈電磁波」:これが出たら要注意か?

【一部転載】
みなさん、こんにちは。
次も地震の話である。結論からいうと、アラスカのHAARPモニターに「2・5ヘルツの強烈な電磁波が出た場合は要注意」ということである。
元「くまざさ」、今「ガチムチの杜」というサイトに興味深いものが紹介されている。以下のものである。

311の東日本大震災前の3月1日からのデータを表現したものであるという。このデータによると、次のようなことがわかる。

(あ)まず大震災の直前の3月8日までは宮城沖ではまったく何も問題はなく、例年通りの散発地震が日本の周辺部に起こっただけであり、この地域には一切地震がなかった。
(い)次に、大震災の2日前の3月9日の12時頃にこの宮城沖に突然かなりの大きな群発地震が起こった。そしてそれが3月10日までに徐々に沈静化し、一端停止したことがわかる。
(う)そして、ついに3月11日の14時頃に一気に例の大地震が起こった。あとは周知の事実である。


はたしてもう一度この時期のアラスカのHAARPモニターを振り返って見ると何か分かるだろうか?いったいこの時期のHAARPモニターには何が出ていたのか?
という疑問が出る。そこで、この時間帯のモニターデータを振り返ってみると、以下のようなものであった。

【転載終了】

井口さんのデータ解析はすごいので是非ご覧になって下さい。

続きは≫こちらで
関連記事

category: 陰謀・政治・地震

[edit]

page top